肩の力を抜いてみて

皆さまこんばんは
月のメッセンジャー直美です。

先日のお茶会で
休むって言いながら
肩に力を入れていることに気づき
肩の力を抜いて休むをしたら
格段に回復してきております。

それでも年末から
抱えすぎた物や
もっと前からの数年分と言える
疲れの蓄積は半端なく
まだまだ全快とは言えませんが

出かけても大丈夫なくらい
お風呂に入る気力もあるほど
回復してきました。

休むぞ!と息巻いてた数日は
出かけなくてもお風呂もしんどく
食欲も湧かず
とにかく枯渇
寝ても寝ても回復の兆しが見えず
余計もっと休まなきゃ!
と肩に力を入れ
むしろ悪化させていたのかもしれません。

肩の力を抜いてからは
出かけてないときは
やっぱり極力お布団ですが
食欲もだいぶ回復し
お風呂も無理なく入れるようになり
回復してきてる喜びも。

休むという事を
意識しないと休み忘れるほど
基本動いている私ですが
意識しすぎもダメなんだなと

普段の活動自体も
もっともっと肩の力を抜いて
活動していけたらいいな
と思っております。
そうしたら休むってしなくても
エネルギーは枯渇しないはずなので

力まず自然体で
等身大の私で
これからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レンダリング(大)広告