山の上の景色

皆様こんばんは。
月のメッセンジャー直美です。


(真夜中のご褒美)

先週から
子供達が正式に春休みに入り
それと同時に私自身が
バタバタと忙しくなり始め
あっという間に
入学式まであと一週間。

本当にここ最近の
景色の変わり方が早すぎて
自分でもたまについて行けなくなる事も

先日打ち合わせをしている時
今立っている場所から以前を振り返った

苦しい時と楽しい時
ちゃんとエネルギーが回っている時
それがどんな時がったか
の違いに気づいた。

私の人生の山登りは
いろんな山を手当たり次第から
大好きな山しか登らない
に変わって来た。

だけど、
大好きな山しか登っていないのに
明らかにお金という
エネルギーが回らない時
もしくは私の体力が枯渇する時
が度々あって
なんでだろって振り返ると

誰と登ったのか
なぜ登ったのか
の理由が大きく違った
まるで
誰かをおんぶして登っていたり
豪雨の日に登っていたり

そしてもちろん
同じ山なのに
頂上で見える景色は
全然違うものだった。

山の上で
綺麗な景色を見たいなら
誰と登るのか
何を持って行くのか
ちゃんと見極めてから
チャレンジしよう。

スポンサーリンク
レンダリング(大)広告