お金と愛と思い込み

こんばんは
月のメッセンジャー直美です

昨日今日と
一泊の熱海旅行へ

熱海の前日
「お金はあるかないか」
という話になり

○○するお金
××するお金
◆◆するお金
本当にない?

と聞かれた時
私が勢いで「ある」
と言えない項目が
何個か

その何個かに共通するものは
「自己奉仕で使うお金」

また
「お金は減るもの」という
思い込みに再会

そしてもう一個
それが「”自己奉仕“だと減る」
という思い込み

なぜそう思うのか
解決できないまま
熱海出発の朝

熱海に向かう道で
「あっ私、
私にかけてもらえるお金で
愛を計っている」
って思い出したんです。

子供の頃の体験から
かけてもらえるお金の量と
愛は比例する。
そんな思い込みが刷り込まれていて

この思い込みも
久しぶりの再会

お金=愛だから
減るのが怖くてたまらない
そんな思い込みを
ぎゅーっと抱えてることに気づいた
旅行のスタート

1泊2日の短いけど
濃い時間を過ごす中で
その思い込みが
すっと肩から
降りたのを感じました。

その帰り道
善意で行なった行動から
全く知らない人から
怒られ続ける
という体験がありました。

もー言われてる最中
相手が私の為を思ってくれてる
それはわかるけど!
そんなに責めないで!!
って思えて
悲しくていっぱい泣いて

しばらく
落ち込みまくってたのが

「あれって私全然知らない人から
愛を与えてもらったってこと?
私は全く知らない人からも
愛を与えられる価値があるってこと?」
って思った途端
その人から貰った愛が嬉しくて
さっきの悲しみとは別の意味で
号泣しながら帰ってきました。

愛=お金じゃない
って気づけた後の
愛のシャワー

最初は私を傷つけないで!
って受取拒否してしまったけれど
気づいた途端
いっぱいの愛を受け取れました。

熱海前日から
今日の帰宅まで
思いがけない
濃密な3日間となりました。

旅行自体も
とっても楽しかったです。

もっともっと
思い込みの鎧を脱いで
いっぱい受け取って行きます。

スポンサーリンク
レンダリング(大)広告